君の「日々の未来」に…

ウルトラマンシリーズ誕生40周年記念作品

メビウスRE (27)
(2006年当時で)今からちょうど40年前

メビウスRE (26)
地球は、怪獣や侵略者の脅威にさらされていた

メビウスRE (28)
人々の笑顔が奪われそうになったとき

メビウスRE (29)
遥か遠く

メビウスRE (31)
光の国から彼らはやってきた

メビウスRE (32)
ウルトラ兄弟と呼ばれる、頼もしいヒーロー達が

メビウスRE (61)
そして今、 ウルトラの父は一人の若き勇者を地球へ送った


メビウスRE (1)
その名は…(ズダァン!



メビウスRE (2)
子「あれ?パパが小さいころに見たって言ってた!」
親「あぁ…ウルトラマンだ!」

ULTRA ACT ウルトラマンメビウス



メビウスRE (3)
みんな大好きウルトラマンメビウスがめでたくリニューアル
僕もご多聞に漏れず平成では一番好きです、何といってもM78ウルトラマンですしね
昭和勢の客演はもちろんなんですが、人間ドラマパートの丁寧な描写や、ミライと共に
成長していくGUYSのメンバー、ウルトラマンと人間の絆、そして何より愛ですよ愛!
作品全体を通して、初代~80までのウルトラマンシリーズに対する惜しみない敬意と
情熱・愛が推し出ていて、昭和ウルトラマンが大好きな僕にとってこの作品に出会い、
応援させてもらえたことは本当に何物にも替え難い感謝とウルトラマンが好きな自分
の誇りとなって今でも胸の中で輝く元気と勇気の源です!!

M78星雲のウルトラマンが活躍していた怪獣頻出期から25年後の地球が舞台
宇宙警備隊のルーキーとしてウルトラの父が地球に派遣した新入社員ウルトラマン
2代目宇宙警備隊筆頭教官であるタロウの教え子で、地球での姿はGUYSメンバー
ヒビノミライ隊員
光の国から地球に来る途中にボガールに襲撃された宇宙船アランダスを救助しようと
するも失敗。乗組員であったバン・ヒロトの勇敢な行動に心を打たれ、その姿を模して
活動していたが、その後地球でヒロトの父親であるバン・テツロウに出会う
彼の「君の日々の未来に幸多からんことを」という言葉が名前の由来となった
メビウスにとって地球は生まれて初めての異星で、言葉や常識といったすれ違いも
多数あったが、彼の誠実で一生懸命に成長をする心は、やがてGUYSを、世界を
共に優しく導いていったのでした

もっと細かく説明したいけど300行くらいになりそうなのでこの辺で(死


メビウスRE (55)
ってことでリニュメビウス~!(どんだけ長々導入やってんだボケ
待ちに待ってたぜこの瞬間を!
旧版は頭だけとか胴体だけみたいにパーツで見れば凄く良い出来だったんだけど
合わさるとなんかダメって言う不思議な玩具で、僕もちょいちょい不満があったので
このリニューアルは嬉しい限り
細部の造形、プロポーションも文句なしで素晴らしい出来
太腿がかなり太めになってるので、膝と股間の可動がやや狭いかな?くらい
カラータイマーは旧版より大きいブロックでプロテクターごと交換、更にアクション用の
物も付属しており、光線再現度も高いです
手首はタロウと互換性があるので、開いた平手も装着可能

メビウスRE (60)
ってことで早速変身シーン
ミライ「メビウース!!」

メビウスRE (59)
メビウス「セァッ!」
タロウの教え子ってことで突き出した方の手は平手
こういう細かい部分のコダワリにニヤッとしちゃうよね、メビウスは


メビウスRE (57)
可動範囲はそこそこ広め 初期の弱々しいパンチのラッシュや

メビウスRE (56)
レオ回の修行までテキトーに撃ってたジャンプキックもできるぞ!(酷

メビウスRE (4)
ファイティングポーズ
おぉ、完璧!
首の可動が非常に素直でよく動くので、ポーズに破綻が起きないのが良いね
曲げるほうの拳が握り手で曲がり方がやや浅かったり、突き出す方の掌が手刀って
細かい差異はあるんだけど、このポーズもタロウのオマージュ

メビウスRE (5)
前から~
もうちょっと胸を回してもよかったかも?
正面から見てもやや広めに見えるのがメビウスの構えのポイントかな

メビウスRE (6)
良いね~実に良い
基本の構えがビシッと決まるだけでも僕の中で高評価

メビウスRE (40)
構えもう一つ
胸の前でクロスさせてから両腕を開くような感じの構え

メビウスRE (41)
一部OPでもやってましたね
個人的には攻撃を打ち込んで距離を取った後とか、対峙した敵が仕掛けてこない時
みたいな間を置くときによく使ってたイメージ

メビウスRE (7)
メビウスブレス
ウルトラの父に授けられた万能ブレス
万能といってもジャックのウルトラブレスレットやタロウのキングブレスレットのような
変形したりブン投げたりする使い方ではなく、変身や必殺技を使う時のエネルギー
開放機関という感じ、使用時は中心のトラッキングボールを回転させます
こう聞くと大人しめなんですが、これを憑代にメビュームダイナマイトという驚異の
反則技が使用可能に
簡単に言えばウルトラ心臓の代理が可能というこれはこれで恐ろしいブレス
まぁジャックもバラバラにされてもブレスの力で再生してたし・・・

2軸接続で、軽く触れるだけでポロポロ落ちてた旧版からしっかり改良されてます
手前に回すのは今回もできませんが僕個人としてはまぁ別にって感じ
でもメビウスの下腕ってカバーっぽいデザインだからジャックとかタロウみたいな
構造にすれば回せるんじゃないかなーとも思う


付属品とか~
メビウスRE (42)
メビウスブレスに右手をかざして

メビウスRE (43)
そのまま左手を倒し

メビウスRE (44)
トラッキングボールを回転させながら大きく開く

メビウスRE (45)
頭上両手をにかざして∞のエフェクトが出るまで貯め

メビウスRE (46)
中盤以降は溜まった瞬間に軽く手を開く(ここ大事!

メビウスRE (47)
メビュームシュート!(長ぇ
定番の光線エフェクト、今回もコレジャナイ感
旧版同様に掌部分も光線と同色です、設定通りだけどなんか立体になると微妙ね
胸部の交換パーツのおかげで結構しっかり構えられるのがいい感じ
ちょっと窮屈かなと思うけど僕はこのくらい再現出来ればいいかなー

メビウスRE (48)
僕としてはこっちがイメージに近いかも
ティガのパワータイプ付属のやつを逆さにして取り付け
初期ACTの光線エフェクトのつぶつぶオレンジ感はやっぱり再現度高いと思う

メビウスRE (49)
メビュームシュートは初回含め立て膝で撃つイメージが強いですね


メビウスRE (8)
メビュームブレード
メビウスブレスから発生した光エネルギーを剣状に収束した武器で、鋭い切れ味を誇り
決め手になる回数もそこそこ多かったです
発生原理がメビュームシュートと同じ性質なので光線が使用できない環境下では
消えたり、エネルギーを超える衝撃を受けると折れたり

メビウスRE (9)

メビウスRE (10)
剣劇だとベリアル・ザムシャー・インペライザー辺りだけどそれよりもすれ違い様に
一閃!って使い方の方がイメージ強い

メビウスRE (11)
根元のトゲトゲ無い方が良いなー…剣先の形も違うし
エフェクトを派手にする狙いがよくわからん


メビウスRE (52)
旧版に付属してたエフェクトなんだけど折角手首の軸径同じなので
ライトニングカウンターゼロのエフェクト

メビウスRE (50)
左手に纏ったエネルギーを拳から放出するライトニングカウンターのゼロ距離版
マケットゼットンを倒したアレ
打撃技ではなく拳を当てた所を起点に放出エネルギーを貫通させる技なので
一応光線技

メビウスRE (51)
メビウス「ァァァァァアアアアアアアア…セァァァッ!」
しかし今回ホントに頭部の造形完璧で惚れる
かなり複雑な形状なのにRAHも旧版もソフビも立体のメビウスの顔って外れがない
そんな中でも今回のは目の感じとか輪郭の太さ加減とかが凄いリアル
前から見ても横から見ても完璧にメビウスしててカッコいい


以下適当に~って言いたいとこなんだけど今回はちょい客演回の再現とか感想とか
入れつつ…興味もってくれる人が増えたら嬉しいのです
・・・まぁ9割以上ただ僕がやりたいだけってのが本音ですけど

メビウスRE (12)
「タロウ教官…僕は、地球の為に戦いたい…」
29話 「別れの日」
続く30話と合わせてタロウ客演回
大きく分けてボガール編・超獣編・四天王とエンペラー星人編に分かれますが
29・30話は超獣編から終盤へつながる大きなターニングポイント
そしてミライ君M78ウルトラマンで史上最速の中の人バレ
ここで配ったお守りが後々の外伝までキーアイテムになるとは
次回予告でタロウ出てくるってのは分かってたんですが、まさかここまで完璧に
「当時のタロウ」を再現してくれると思わなくて凄いテンション上がりました
ガキの頃ビデオで見たのと同じ技で、動きで、SEで戦うタロウに心底感動
タロウの「若い君を死なせるわけには」ってセリフに大爆笑
あの永遠の末っ子タロウが成長したなオイwwwみたいなw
描写として驚いたのがインペライザーにあのタロウが力負けしたこと
ウルトラマンタロウ本編では一度としてパワー負けしたことの無いタロウが振り払われた
あのシーンはストリウム光線が効かないとかよりインペライザーの強さを物語ってました
でも次の瞬間パワーで勝てないと悟ったタロウが横薙ぎの攻撃を予知してすぐ回避
姿勢に移ったのはもっと驚いた


メビウスRE (13)
「必要ない…インペライザーは私が命に代えても・・・!」
30話 「約束の炎」
この話も実にテンポが良くて好き
ジョージの視力とかマリナの聴力とかの使い方もうまいなぁと
キャプチャーキューブを全員で撃つシーンとか涙を拭ってからの変身シーンとか
ダイナマイトから復活するタロウの疲弊シーンとか描造りも凄く素晴らしい
タロウの常軌を逸した底力が見れる回でもありますw
インペライザーの全方位攻撃を含め、基本的にダメージゼロで消耗しながらも
ストリウム光線x3とウルトラダイナマイトを放ち、まだ動けるこの体力
活動時間がどうとかもう既にそういうレベルじゃねぇ…スゲェよ・・・
帰還命令を無視して地球のため、仲間のために命を懸けて戦おうとするメビウスと
メビウスを守るために命を懸けようとするタロウとのそれぞれの思惑の交差が熱い
この辺は凄くタロウらしいですよね、すぐ熱くなって周りが見えなくなるところがw
そもそもメビウスの代わりに父から地球防衛の任を受けて来てるんだからお前が
死んだら本末転倒だろって突っ込みたかった

メビウスRE (14)
「仲間との…約束」
そしてタイトル通り約束の炎ことバーニングブレイブの覚醒
涙を流しながらミライの名を叫ぶGUYSメンバーの演技力の高さと熱さが最高過ぎる
個人的にこれに続く2話も配置の巧さが光ってるなと思います
ミライがウルトラマンだと知っても変わらず仲間でいようとするGUYSメンバーの思いと
絆の強さを綴った31話「仲間達の想い」、そして宇宙人と地球人が共存するための
地球人側の問題点を描く32話「怪獣使いの遺産」
29~32話は4話で1つの話だと勝手に解釈してます
特に32話の「怪獣使いの遺産」は帰ってきたウルトラマン33話「怪獣使いと少年」の
続編でもありオマージュでもあり、タロウに続く今後の客演回の夢を広げてくれました


メビウスRE (15)
「その顔は何だ…その目は!その涙は何だ!!」
34話 「故郷のない男」
全僕が歓喜し涙した神回、以上!(ォィ
レオ客演回
30分という短い時間の中でウルトラマンレオというキャラクターと作品を綺麗に説明
して見せ、また厳しさの中にある優しさを丁寧に描くことでレオの株を大高騰させた回
なんて言うか放映当時世間では受け入れられなかったレオという作品での主張を
ちゃんと伝えてくれたっていう嬉しさが何よりも勝ってる
リフレクト星人の悪役然としたキャラクターもシナリオにいい影響を与えてた気がします
っていうか真夏竜さん渋すぎカッコ良すぎ濡れる…凄まじく良い歳のとり方してるわ
レオの再戦という構成やセリフへのオマージュもさることながら当時のダンのような
厳しさとかタロウを「タロウ兄さん」って呼んでたりして今のレオが見れるのも良い!

メビウスRE (22)
「お前達になら託せそうだ…俺の、故郷を」
リベンジ戦でのレオの戦いっぷりもカッコいいわー
まぁレオの前で人質とか自殺行為以外の何物でもないけどw
堅さが売りのリフレクト星人の剣をハンドスライサーで叩き斬るわボディをレオキックで
貫通するわむっちゃくちゃ強い・・・
メビウスの新たな技「メビウスピンキック/バーニングメビウスピンキック」の習得
プロセスも仲間との絆に起因しててちゃんと主題を貫いてるとこも素晴らしい


メビウスRE (38)
「君自身が諦めない限り、それは敗北ではない」
37話 「父の背中」
ウルトラの父客演回
ジャシュライン大好きなんですけどw良いキャラだわアイツ
何気に500シリーズのソフビにラインナップされてて嬉しかった
ファザーショット・格闘・ウルトラアレイと、本気の父の能力が初めて映像化された
貴重な回で、メビウスが黄金像にされたりとウルトラマンA27話「奇跡!ウルトラの父」
へのオマージュ回でもあります
ドラマパートの父と息子のストーリーも良かったしホントに毎回脚本の巧さに感服
そして流れるウルトラの奇跡が良曲すぎてまた泣く

メビウスRE (39)
「同じだ・・・子供の頃に見たのと!」
逃げる時に父の背中につかまる息子と、去りゆくウルトラの父の背中を見つめるメビウス
の対比描写がすごーく温かいです
メビウス視点だけではなく、ウルトラの父降臨祭とか、父登場時にサコミズ隊長が驚きと
安堵の表情してたりして、ウルトラの父の存在の大きさを人間サイドからも描き切ってる
演出がまた話の妙に磨きをかけてますよね


メビウスRE (54)
「やがて君たちも我々と肩を並べ、星々の狭間を駆ける時が来るだろう」
42話 「旧友の来訪」
ゾフィー客演回
客演回というかサコミズ隊長の思い出の中でなので正確な客演は最終回ですが
サコミズ隊長の秘密と過去の防衛チーム、またGUYS創設やメテオール開発の
核心に触れる話
またメビウスでの再登場怪獣はウルトラ二期の怪獣や超獣がメインでしたが、この
回は珍しくゴモラ・レッドキングといった一期の怪獣が登場
セブンのタケナカ参謀とか過去作品との接点が多数登場し、なぜウルトラマンは
人間の味方をしてくれるのか、人間はウルトラマンと共に戦うのかという今までは
なんとなーく暗黙の了解でこうなんだろうと視聴者が個々に定義付けていた部分に
30話とは異なるアプローチで、ゾフィー・サコミズそれぞれの言葉を通してベールを
脱がせたという実に意欲的な回でした

「俺は彼らの心に応えたい。人知れず俺たちを守ってきてくれた彼らの心に。
ただ守られているだけじゃない。同じ場所に立って、同じ痛みを、苦しみを、
同じ喜びを。 ここにいるクルーたちとなら、それができると信じている。だから
俺はここに、この場所にいるんだ。」


サコミズ隊長のこのセリフが本当に優しくて強くて、何度聞いても泣けます
きっといつの日か、ウルトラマンと人間が肩を並べるそんな日が来ると信じてお互い
がお互いを守り合い、戦い続けてきたんだなと
こんな優しい感性で作られた作品だからこそ、今後もずっと広く知られていって欲しい
心からそう思えるエピソードでした


メビウスRE (23)
「夕子…行くぞ!」
44話 「エースの願い」
タイトル通りエース客演回
四天王戦では唯一の分断戦、メビウスは四天王の一人である巨大ヤプールとエースは
月面でルナチクスと対決
ヤプールとの決着という意味で映画も含め実質超獣編の最終回でもあります
で、その映画からはアヤさんが登場、映画も見てないと補完できないっていうアレな話
前話のメビウスキラーからの連戦で体力も底を尽きかけ、GUYSのメンバーとは分断
され、おまけにヒルカワまで居るという気力も根こそぎ奪われるようなヤプールの
心理戦の罠に陥るメビウスをアヤとエースが救うっていう熱い回
離れていても心は繋がっているというエース(星司)と夕子、メビウスとGUYSの関係
をダブらせたセリフ回しが素敵
そして夕子の故郷を滅ぼした仇敵ルナチクスとエースの再戦という実にエース愛
溢れる構成で、終始だらしない顔で見入ってましたw

「ミライ・・・ 優しさを失わないでくれ。弱いものをいたわり、 互いに助け合い
どこの国の人とも友達になろうとする気持を失わないでくれ。たとえその気持ち
が何百回裏切られようと・・・それが私の変わらぬ願いだ」


そしてエース最終回の名言を今なお変わらぬ願いとしてミライに伝える星司に感涙
と思ったらマジで夕子さん出てきて爆泣きですよ
この回マジで嗚咽漏らして泣きじゃくった

「もし私が月の人間じゃなくて、ずーっと地球にいられたら、星司さんと一緒に
こんな風に年を重ねていたのかもしれない。でも後悔はしていません。さっき
星司さんが言ってくれたように、私も星司さんをずっと近くに感じていたから。」


そして今再び交わされるウルトラタッチ・・・
ウルトラマンAの最終回はこの話だったんだよ!!(鼻ズビズビ言わせながら


メビウスRE (24)
「俺達兄弟は戦い続けてきた…この星は守るに値する星だと信じて…」
45話 「デスレムのたくらみ」
帰マン客演回
地球人側の問題点を強く描いた回で、前述の32話「怪獣使いの遺産」にもある不信や
裏切り、身勝手さなど人間の中にどうしてもある醜さを受け止められないウルトラマン
としてのミライとウルトラマンになりたかったジョージの苦悩が題材になってます
まぁこの回はとりわけ市民や報道記者がそういう面をわざと見せようとしてる部分
が強いのでちょっと極端なストーリーになってますがw
捕えられたフェニックスネストに浴びせられる罵声を聞かせまいと母親が娘の耳を
塞ぐシーンが少し対比として入ってたりして場面構成もよく出来てるなと
逆に捉えるとミライの人間の良い面ばかりを見ようとするところにも
問題があるんじゃないかというミライ(メビウス)のキャラクターへの問題提起にも
見えてこれはこれで凄く面白い話でした

「人間を愛するには、人間を知らなければいけない。人間の強さも弱さも
美しさも醜さもその両方を知らなければお前はこの星を愛することはできない」


ウルトラマンはどの作品もやはりその時々の社会問題や人間の醜さを題材とした
エピソードが数多く存在し、セブンや帰ってきたウルトラマンは特にその趣向が
強かったと思います
誰にでもある光と影・裏と表を知ってその上でこの星を愛せというこの言葉は
同じ苦しみを過去の当事者として味わった帰マンから現在の当事者であるメビウス
への深い愛から来ているのでしょうね
で、タイトルにもある四天王デスレムとの対戦
フェニックスネストを人質にされ手も足も出ないメビウスに届くGUYSの言葉が人間の
美しさとして醜さとの対比演出になってます
その上でさっきの郷秀樹(帰マン)の言葉がまた大きな意味を持っていて素敵
メビウスとの戦いでマウントポジションを取られるや否や、躊躇なく人質を破壊しようと
するデスレムの冷酷さを帰ってきたウルトラマンがVバリアーで打ち砕きます
この回で帰マンはブレスを一切使用せず、Vバリアーからのスぺシウム光線という
放映初期を連想させる戦いでしたね

きくち英一さん(帰ってきたウルトラマンのスーツアクター)も美しさ側の市民として
登場するとかやっぱこの話も愛やこだわりが感じられて素晴らしい


メビウスRE (33)
「俺が受けた悲しい想いだけは、君に味あわせたくはない…」
46話 「不死身のグローザム」
セブン客演回
3月3日放送で女性陣の活躍を描いたコノミちゃん回
ストーリーとしてはセブン39・40話の「セブン暗殺計画」(前後編)へのオマージュ
捕えられ凍り漬けにされたメビウスをセリザワ博士・ミサキさん・マリナ・コノミの
女性チームが救う話
あんまりこの回は客演要素で語ることがないかなー
セブンへのオマージュっていうことに関してはメビウスよりマックスの方かなーと
顔もセブン系だし
というかマックスで結構やったから控えましたみたいなとこあるんじゃないのと思う
ウルトラ警備隊とMACという2つのチームの経験を経てセブンが最後に残した言葉が
重すぎて辛ひ・・・
っていうかグローザムのタイトル落ち感がヤバい
お前どの辺が不死身なんだよ!?
攻撃されても再生能力が高いだけ全然不死身じゃねーよ!ゴーストリバースでも
2対1でヒカリに挑んだ挙句、一発も入れられないまま投げ飛ばされてメフィラスに
トドメさされて一撃死だし
でもウルトラ兄弟で唯一寒さに弱いとされるセブンと対峙っていうのは狙ってたよね
タイラントの時といい敵と環境に恵まれないなセブンは


メビウスRE (35)
「違う…これは違う!!」
47話 「メフィラスの遊戯」
初代マン客演回
外れのないテッペイさんの回で、ウルトラマン33話「禁じられた言葉」の続編
四天王最後の一人は地球に再戦を宣言し、何処かへ消えたあの初代メフィラス星人
宣言通り再び人間の心に挑戦すべく、メビウスとメフィラスの善悪が逆転した世界で
GUYSとメビウスの絆を試す
冒頭からBGMがなく、初代ウルトラマンのあの独特のSEが鳴りっぱなしという
個人的にクッソテンション上がる回でしたw
メフィラスのソフビを持った子供たちがメビウスのソフビを寄って集ってフクロにする
っていう実に昭和ウルトラらしい演出や、GUYSメンバーの中でもとりわけ演技力の
高いテッペイさんがメインの回ということもあり、非常に優秀なエピソード

メビウスRE (34)
29話でのミライが配ったお守りがキーアイテムになってたり、30話のシーンの
フラッシュバックとか、テッペイ含め、GUYSメンバーがメフィラスの遊戯に打ち勝つ
シーンの演出が激熱!
そして案の定思い通りにいかないとブチ切れるメフィラス星人www

ベータ―カプセルで変身するハヤタ隊員の胸元に光る科学特捜隊の流星バッヂが
今も褪せない輝きを放つ!!
いやもうホントにこんな形でメフィラスと再戦する初代マンが見れるなんて夢のよう

メビウスRE (36)
「無駄な抵抗はやめろ!お前の仕組んだこのゲーム、お前自身が手を下した
時点で既にお前の負けだったのだ」

ベアハンド光線を大胸筋バリアで跳ね返す演出もカッコいい!
ネロンガ戦のオマージュも含んでるんでしょうけど威力違い過ぎ問題
仮にも過去にスぺシウム光線と引き分け、グロマイトを一撃で葬る光線をバリアも
貼らずに一蹴するなんて…
そしてまた三度の再戦を宣告し、同じ演出で消えゆくメフィラス…
しかし皇帝の一撃によって宇宙の塵へとなったのでした…
初代メフィラスが死んだっていうのは結構ショックデカかったです。いつかの地球で
またウルトラマンと戦うことはもう叶わなくなってしまった・・・

それにしても兄弟客演回は毎回心筋梗塞寸前まで血圧上がってるか、決壊した
ダムのように泣いてるかあるいはその両方かでホンットに感謝しか出てこない


メビウスRE (58)
語りたいことは山ほどまだあるんだけど、キリがないのでこの辺で
ヒカリとか80とかが発売になったらまたこんな感じで記事に出来たらなと
なんかもうレビューもクソもないんだけど、改めてウルトラマンメビウスという作品に
出会えたこと、そしてこんな完成度の高いメビウスのフィギュアで遊べること
ただひたすら子供の頃のような気持ちで、感謝し・喜び・たくさん弄り倒そうと思います

参考展示されてたバーニングブレイブ・ツルギも欲しいけど、フェニックスブレイブ
出してほしいなぁ
あとやっぱ敵も…ババルウ出してババルウ!ネタ要員的にも売れると思うんだけど
あとはインペライザーとリフレクト星人とロベルガーとボガールとryみたいなメビウス
オリジナルの敵もぜひ!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

すげいウルトラ愛に溢れているなぁ・・・すげぇ
最初の写真の空って空をバックに撮った実写ですか?なんか特撮の映像をそのまま切り抜いて見ているみたいで凄いです。
作り手がちゃんと『分かっている』とファンとしては嬉しくなりますよね。
リニューアルしてパワーアップしたからインペライザー軍団も蹴散らしてくれそう(笑)

昭和だと初代が一番好きですね。世代じゃないんだけどレンタルでよく見てました。
テレスドンとかブルトンとかジャミラとか初代の怪獣は今でも大好きです。
やっぱり特撮っていいですよね。
子供の頃は何時か卒業するって思ってたのに大人になって財力もったら悪化してたという・・・(後悔はしてない)

No title

>駆炉栖祁さん

お褒め頂き恐縮です
最初の何枚かは野外で撮りました

僕も初代が一番好きです、今見てもいろいろ奇抜ですよね
同じく大人になってまで玩具で遊んでるとは思いませんでしたw
というかここまで玩具が進化するとは思ってませんでした
嬉しいやら恐ろしいやら…

No title

初代メフィラスはメビウスに登場していませんよ?あれは別人の同種族だと設定されてます
まあ声優の加藤精三さんが鬼籍に入られてしまったのでもう見れないというのは変わらないんですよね…

No title

>???様

あぁ、そうなんですね
教えて頂きありがとうございます
劇中特に言及されてなかったのでウルトラマンとの会話から
初代かなと思ってました

プロフィール

しゅーてん

Author:しゅーてん
この線路の先に
続きは
無い

主に玩具収集やレビュー
武装神姫と遊ぶサイト

連絡先:br.factory3dealあっとまーくgmail.com

☆神姫紹介☆


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR