【リアルに】実写版OP【ブラックVer.】

メガトロニアとは!?
案の定全員サイコウ―マンで変な笑いが出ましたw

ろろろろろろろ (32)

Wei Jiang M01-D








以前少しご紹介したクラシックオプの拡大KOのご紹介
前にも触れましたがあまり大々的にオススメですなんて言うのが
憚られる商品なので、簡単にいきます
世の中にはこんなのもあるんだなくらいに思っていただければとw
タイトルページでは商品型番のみに留めましたが、正確な商品名は
Deformation Era (MO Battle Damaged) ~ Oversized OPと言う名称で
なんていうか名前からして場外打球をミラクルキャッチレベルの超アウト
特に最後のOPって何だよみたいなw



VEHICLE MODE
ろろろろろろろ (18)
まずはビークルモードから
ビークルモードは73’Marmon cabover(73’マーモン・キャブオーバー)
真ん中の「マーモン」は車両の個体名ではなくこの車両の製造メーカー
マーモン・グループ社(The Marmon Group)を指すので、日本語で言うと
マーモン社製、73年式キャブオーバートラック(トレーラーキャブ)ですかね
コピー元のクラッシックオプティマス自体がマーモングループやマーモン
へリントン社の商標を取得してないので一応この状態はセーフ(アウト
マーモン・ヘリントン社はフォードモーターとも繋がりのある北米でも老舗の
車両メーカーで、大戦中は豆戦車や装甲車を手掛けていたって経緯も
劇中ミサイルを撃ち込まれてもオプティマスが無事だった理由の関連事項
として考察するとなかなかアツいですよねw

ろろろろろろろ (3)
今回購入したのは通常版ではなくダメージド版ということなんですが
映画でケイド・イェーガーが購入したボロボロの状態を非常によく再現
出来てますね
これ僕も開封して驚いたんですが、爆風による土飛びとかチッピングとか
再現するのに使われてる塗料がかなり抑えめの色になってて、これだけ
全身に汚しが入っててもわざとらしくないのが素晴らしいですね
ラスティバージョンも良かったですけど劇中ではあそこまでサンドカラー
じゃなくてオプティマスのトリコロールがうっすらと見える感じでしたからね

ろろろろろろろ (19)
ビークルモードの大きな変更点として背面に大きなパネルが追加され
中が見えなくなった他、エギゾーストパイプも劇中同様2本に

ろろろろろろろ (22)
ギミック的な変更点としてはサイドミラーが畳めるようになったり

ろろろろろろろ (20)
トレーラーの牽引ジョイントが専用規格になりました
まぁ正規品でこのサイズに合うトレーラー無いですからねw
一応同社の(MP-10コンボイの拡大パチの)トレーラーが牽引
出来るらしいです。その際の車体長はなんと52cm

ろろろろろろろ (21)
ただ後輪が穴に対して軸の径があってないせいでちょっと
グラグラしたり座りが悪かったりするのが結構気になりますね
後輪のフェンダーがかなり細かく追加パーツで再現されてるので
見た目は悪くないですが、コロ走行とかは厳しい感じですかね



DEFORMATION PROCEDURE
ろろろろろろろ (23)

ろろろろろろろ (24)
ロボットモードへの変形手順での変更
基本的にはクラオプと同一の変形方法ですが、追加部分の
殆どが変形に絡む部分なので手順でいうと4~6ステップ
くらいの追加って感じですかね
この追加・変更点がホントに巧いというかクラシックオプを
触ったことがある方ならここがこうなってて欲しかった!!
ってポイントをよく抑えてますねw

ろろろろろろろ (26)
ビークルモード時に背面を隠してたパネルは折り畳んで
肩の装甲へ。ここしっかりファイヤーパターン入ってるの
カッコいいですね
左右のエギゾーストも縮めて倒すことでクラオプの少し
寂しかった肩周辺の装甲をかなりきちんとした形状で
劇中のシルエットに似せられるようになってます

ろろろろろろろ (27)
クラオプでは足に付きっぱなしになっていた燃料タンクは外して
背中へマウント。これは肩と同じく劇中のシルエットを再現する
目的の他にもう一つギミックがあり、そのギミックについては後述

ろろろろろろろ (28)
あと手首の背面装甲を折り畳んで完全に手首周りをフリーに
出来るようになってます
ここは肩と並んでネットでも散々言われたクラオプ無二の弱点
でしたからねw

ろろろろろろろ (25)
最後は何気に大きな変更点
後輪前軸のタイヤが膝から繋がってるアームで腰へ移動
これ何気に凄いというか分かってるなって感じですね
実写版のオプティマスは4作目ロストエイジに登場した
ウェスタンスターをスキャンしたタイプを除けば、全てが
腰に4輪、脚に2輪のボディパターンですからね



ROBOT MODE
ろろろろろろろ (29)
はい、変形完了ロボットモードです
以前も言いましたが実写版の1作目や2作目リベンジの
オプティマスの再現としては本当にレベル高いですね
バスターオプやストライカーオプも玩具としては最高に
頭おかしい(褒)レベルですけど、変形と可動を両立って
観点から見ると個人的にはこれかなり好きです

あとサイドのパネルみたいな変形時に回転させたり
パーツが大きかったりで負荷が掛かる部分は全て金属
パーツに置き換えられてます
かなり複雑で込み入ったクラッシックオプの裏返し変形
でどこに負担が掛かるかよく研究されてますねこれw

ろろろろろろろ (30)
あと変形に関わらない追加・変更点
胸部のこの蓋が開閉できるようになってて、開けると
マトリクs…何コレ? まぁ何か入ってます

ろろろろろろろ (46)
頭部も大きく変更
サイズ感とか再現度かなり高いですけど目が完全に
ただの塗装なのが残念ですね

ろろろろろろろ (47)
交換パーツでマスクオフ
…これに関しては正直あんまり似てないですねw
余談なんですけどフェイス交換時に後頭部のネジで
交換するんですが、この商品ネジ穴までダメージ塗装
してあって、塗装で汚れてるのか実際にネジが
錆びてるのか判断し辛い部分が多いですw



OPTION
ろろろろろろろ (36)
付属品は先ほどの交換用フェイスの他に武器が3種
左から何でも切れるバトルブレードと脊椎引っこ抜きアックス、そして
もはや汚し塗装やり過ぎてただの錆びた鉄板みたいになってますが
DOTMの時の巨大なシールド
これホントにわかる方にはどのくらいヤバいか分かると思うんですが
付属品に関してはもうやり過ぎとかそんな段階じゃないですね…w

ろろろろろろろ (39)
まぁバトルブレードはDOTMの頃にキャンペーンで配ってた正規品の
拡大コピーなので今回の記事の中では覚悟の範疇なんですが…

ろろろろろろろ (38)
このバトルアックスとシールド
これは実は正規品のムービーラインのどれかに付いてたオプション
とかじゃなくて、サードパーティ(要は非正規)メーカーのUFO TOYS
ってメーカーが販売してるものを丸々コピーして勝手に付属品として
同梱しましたっていう何て言うか「版権とは一体何だったのか…」
って感じですね…w
しかもUFO TOYSはこれをフィギュアの付属品としてではなく単品の
アップグレードパーツとして販売してるのでこれはもうロックンロール
では到底許されるレベルじゃないですねw

ろろろろろろろ (37)
あと武器としてはオプティマスには既に一つ武器が装備されてて
燃料タンクの付け替えにはもう一つ目的があると前述しましたが
それがこのギミック
左右のタンクを変形合体させてブラスターガンへ




まぁそんなこんなで以下適当に

ろろろろろろろ (2)

ろろろろろろろ (35)

ろろろろろろろ (33)

ろろろろろろろ (12)

ろろろろろろろ (43)

ろろろろろろろ (16)

ろろろろろろろ (10)

ろろろろろろろ (8)

ろろろろろろろ (6)

ろろろろろろろ (5)

ろろろろろろろ (4)

ろろろろろろろ (42)
花憐「お願い目を覚まして…オプティマァァァァス!!」(ドスッ

ろろろろろろろ (45)
オプ「Girl you returned for me.」

ろろろろろろろ (41)

以上、Deformation Era ~ Oversized OPでした
まぁ何と言うかいろんな意味で好戦的なオプティマスでしたね…w
クラオプの拡大品だけあって可動範囲は折り紙つき、更に
痒いところに手が届くような追加変更をして、強度の補填も
忘れてない…と。いろんな権利さえしっかりしてれば破格の
完成度じゃないかなと思えるほど文句ない出来ですね
あとはまぁ個人的な部分ですがサイズアップで神姫と一緒に
遊んだ時のサイズ感がなかなか良い感じなのも高ポイント

ろろろろろろろ (51)
ギリギリとは言え8月にショップ入荷されたのでマケトイの
CDオプが到着。最近発売予定遵守ですね
こっちはちゃんと(?)グレーの非正規なんですが
これはちょっと異常というか実に最近のMAKETOYSらしい
商品だなという空気を各部から通説に感じます
これも近くレビューしたいと思います


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅーてん

Author:しゅーてん
この線路の先に
続きは
無い

主に玩具収集やレビュー
武装神姫と遊ぶサイト

連絡先:br.factory3dealあっとまーくgmail.com

☆神姫紹介☆


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR