conservative sensitive

SAOの劇場版オーディナル・スケール観てきました
個人的にはかなり良かったですね、マザーズロザリオ編のアレが
アレして僕はそこだけでもう泣けました
ただ県内の上映館が3箇所くらいしかなくて滅茶苦茶混んでたのもあり
パンフレットはおろかグッズに関しても一つも残ってないみたいな公開
2日目でこれかよ!といった感じだったのでこれはまた近日中に劇場に
行かないといけませんね…w

先月、今月はレビューするつもりではなく完全に趣味で購入したもの
が殆どだったんですが、どれも思ってたより全然出来が良かったり
ちょっと最近新しめのアイテムのご紹介が少なかったのもありで
今回はちょっと閑話休題というか箸休め的な記事です

せせせせせせせせ (36)

最近購入したアイテム








せせせせせせせせ (1)
まずはタカラトミーの復刻ダイアクロンシリーズからパワードシステムセット
2種同時発売で赤い方がA、青というかダークブルですけどこちらがBです
ダイアバトルスV2持ってないのでフルに遊べないかなと思ってたんですが
単体でも充分なプレイバリューでした

せせせせせせせせ (2)
付属品は本体の形状や色の差異を除けば同一で、収納コンテナが1つと
肩キャノンが左右1つずつに、手持ちのライフルが1つ
コンテナは付属品を全て収納できる作りになっていて、紛失を防げるほか
余剰パーツが全く出ないのが個人的にアツいですね

せせせせせせせせ (5)
そしてこちら、目玉でもあるみんな大好きダイアクロン隊員
僕も今回正直この隊員目当てで購入しました
「え、これ何がそんなに凄いの?」って思われるかもしれませんが…

せせせせせせせせ (9)
サイズこれですからねw
こんな3cmあるかないかくらいのフィギュアが肘も腰も膝も曲がる
更に肩や股関節はボールジョイントでしかも顔が肉眼でしっかり
認識出来るレベル…と、触ってて変な夢でも見てるのと錯覚
してしまうくらいサイズ感壊されましたw

せせせせせせせせ (4)
このサイズなので立たせ辛いだろうって思っちゃうかもしれませんが
足裏には極小のマグネットが埋め込まれていて、僕の撮影台は丁度
レフ板とミラーの役割も兼ねて足場に2mm厚の鉄板が敷いてあるので
片足で立たせても全然倒れたりしないです
ただ小さいから凄いというのもありますけど、このサイズのフィギュアを
遊ぶ上での問題点とかサイズの強度的にどのくらいの可動が適切か
みたいな部分にも目が向けられていて、このダイアクロンシリーズは
本当に遊ぶ上でのストレスが少ないですね

せせせせせせせせ (8)
神姫にこんな風に持たせるとちょうど人間が12インチのフィギュアを
手にしてるくらいのサイズ差なのでなんか和みますねw

せせせせせせせせ (6)
そしてパワードスーツへの搭乗ギミック
このダイアクロンシリーズは変形合体する巨大ロボやSFビークルが
商品や遊びのメインではあるんですが、規格は全てダイアクロン隊員
が基準になっていて、ほぼすべてのマシンに開閉式コクピットがあり
ダイアクロン隊員が搭乗・操縦することによって初めて全てのシーナリー
が動き出すという世界観を作り出しているんですよね
最近だとユニコーンガンダムなんかまさにそうですけど、マシン自体が
意志を持ってる表現がすっかり定着していて、玩具でもコクピット開閉の
ギミックがある物はすっかり身を潜めちゃった気もしますが、ダイアクロン
シリーズのこのロボットと人間の距離感がある程度離れてるというか
その世界観の最小単位である人間にスポットがしっかり当たってる感じは
懐かしさよりも逆に1周回って新しい感じがして良いですね


せせせせせせせせ (32)
食玩ムゲンサーガから第1弾、ムゲンファラオ
いつものシール嫌いが炸裂してほぼ組み立てただけの状態です

せせせせせせせせ (38)
2008年にムゲンバインシリーズで発売された同名アイテム
ムゲン五神獣ムゲンファラオの実質再販アイテムになります
ムゲンファラオは名前は聞いたことあるくらいだったので、購入する前は
まぁ所詮昔のアイテムだし…くらいに思ってたんですが、いやこれは凄い
再販アイテムなので基本的に一切仕様の変更がされてないんですが
確かに今一度販売するに叶うだけのクオリティというか、最近の食玩でも
正直これと比肩できる物が幾つあるの?ってくらいの所まで行ってますね
ご覧の通り組み換えアイテムと思えないくらい可動も超絶優秀ですからね

せせせせせせせせ (31)
エジプト神話がモチーフになっている5種の小型ロボが合体して巨大ロボ
ムゲンファラオになるという組み換え系の食玩によくあるタイプの商品構成
なんですが、感心するのは分離状態の個々の形状の完成度が非常に高く
こういったアイテムにありがちな「言われてみればそう見える」っていうレベル
では全然ないという点。
ムゲンファラオ合体時の可動がこれだけ優秀なので、ムゲンファラオの状態
を起点に各パーツを設計してあるであろう事や、エジプト神話の神々と言った
あまり王道でないモチーフを選択していながら、更に分離状態での見た目の
説得力がこれだけ高いって相当凄いですね

せせせせせせせせ (10)
個々の形態も一応見ておきましょう
まずは5体の中で最も人型に近いムゲンアヌビス
世界史では勿論、代表的なものだとだとオービタルフレームほかサブカルでも
いろんな媒体で度々登場するので、現代日本に於いても超有名なエジプトの
ジャッカルの頭を持つ冥界の神
神話や死者の書と同様にウアス杖を持った姿で凄い分かりやすいですねw
因みにウアス杖のウアスは権力を意味するヒエログリフ。ムゲンアヌビスの
ウアス杖は商品の都合上下側の先端が一軸ではあるんですが、よく見ると
きちんと二又のディテールがあり、文字に忠実で素晴らしいですね
アヌビスはよく「神官」って言われるんですが、実際に古代エジプトでミイラを
作る際に神事を行う神官がアヌビスのマスクを被り、ウアスの杖を持っていた
姿を混同した間違いで、アヌビス自身はまぎれもなく神です

せせせせせせせせ (29)
ムゲンスフィンクス
多少アレンジは入っていますが紛うことなくスフィンクスですね
人の顔と獅子の体を持つ神獣。スフィンクスに関しては神話も何も世界的に
超有名な建築物が実際エジプトに残ってますからね
ちょっと色がシール依存かなとも思ったんですが、造形のレベルが高い点や
額部分のウラエウス等、これもなんとなくスフィンクスという感じでは全然なく
説得力のあるアイテムに仕上がってると思います
付属のツタンカーメン的な人(ロイダー)は足裏にムゲンジョイントがあるので
各ビルダーに搭乗させることが出来ます

せせせせせせせせ (13)
ムゲンラー
こちらも中学世界史に必ず出てくるので耳にしたことある名前かと思います
ハヤブサの頭を持つ太陽の神、太陽神ラーですね
前述の通りラーの頭がハヤブサなのでそこからのアレンジで鳥の姿をしてる
というのは分かるんですが、これに関してはちょっと関連性が薄いですね
ラーは太陽の神なので、普通にただハヤブサの頭をしているわけではなく
額から頭頂部にかけて太陽の円盤と呼ばれる巨大な宝石のような赤い
円盤を掲げてるんですよね、まぁ各部を見てみると胴や尾にそれらしき部分も
一応見られるんですが、単純にモチーフとしてみると完全の鳥であるこの頭
といい、ラーというよりは知恵の神トトやラーの息子であり天空と太陽の神
であるホルスの方が近いかなという印象ですかね

せせせせせせせせ (12)
ムゲンスコーピオン
サソリ(直球)
テーマがエジプトなのでなんとなくイメージからサソリというのは容易に想像
できるんですが、他の4体はエジプト神話からの抜粋なのにこれだけ実在の
昆虫というのはやっぱり違和感マッハですねw
エジプト神話には守護神セルケトというサソリがモチーフの女神が居るので
この辺もう少し掘り下げて統一感引き上げてあるとより良かったですね
よく見ないと分からないんですが、本体や腕を構成する青いパーツが実は
ムゲンアヌビスと共通なんですが、完全に見た目がサソリに見立てられてて
玩具としては凄い面白いです

せせせせせせせせ (30)
ムゲンセベク
ワニ
…と言いたいところですがこちらはラーと同様に半獣神の頭部のモチーフを
アレンジしたもので、元になったのは繁栄の神セベク
セベクもラー同様、頭に巨大な頭飾りを載せてるので、これも残念ながら
再現度は低いのかなと思いかけたんですが、もしかしたら胴というかムゲン
ファラオの腰垂れなんですけど、この部分がまぁシールを貼った状態前提
ではあるんですが結構見事にその頭飾りを再現した形状なんですよね
狙ってるとしたらこれかなり凄いですね
あと分離形態なのに顎が開閉するの良いですね。個人的に結構単体でも
見どころがあるのでムゲンセベクはオススメです

せせせせせせせせ (33)
合体して再びムゲンファラオへ
個人的にちょっと残念かなと感じたのがこの合体というか両形態への
形態変化のプロセスですかね。あくまで組み換えが前提の商品なので
当然と言えば当然なんですが、全てのパーツを完全に一度バラバラにして
そこから別の物を一から組み立てるみたいな感じで、元々何から合体して
ロボになってるかが活きてないのはちょっと勿体ないですね
組み換え玩具はそういうものだよってのは理解してますし、そういった事を
考慮してもこのムゲンファラオの完成度自体が素晴らしい出来栄えなのは
変わらないんですが、ここまで各分離状態の形状がしっかりしてるので
変形合体ロボ的な合体プロセスがあるとより良かったかなと思います

せせせせせせせせ (34)
神々が習合して王(ファラオ)になるというこのコンセプトは個人的に非常に
アツいというかエジプト王朝におけるファラオがどういうものなのかを適切に
表していてかなり好感が持てるんですが、太陽神ラーの頭が尻側の腰垂の
中に配置されてしまうのはちょっと笑ってしまいますねw

せせせせせせせせ (37)
次弾のムゲンアーサーが4月発売で決定していますが、こちらはなんと
ブラックバージョンもあるという事で個人的にもかなり期待してます


せせせせせせせせ (14)
あとはこちら、トランスフォーマー実写映画公開10周年記念シリーズである
ムービーザベストからMB-04ショックウェーブ
映画公開時の当時品は見事に買い逃し、欲しいと思った時には既にかなり
価格が高騰していてしかも全くその後も値段落ちなかったので今回の再販
ホントにありがたいです

せせせせせせせせ (20)
ビークルモードは実写では少数派の実在兵器や車両等のモチーフが無い
エイリアンタンクというかサイバトロニアンタンク
そもそもショックウェーブ自体劇中ではビークルモードに変形してないので
この形態に関しては再現度がどうみたいなのは無いですけどね
前輪のデザインやコクピットらしき部分に丁度集光ギミックがある顔が配置
されるようになっていたりと細部を見渡すのが楽しいデザインです

せせせせせせせせ (23)
ロボットモード
本体の紫がやや青寄りかなという気もしますが、配色は映画劇中準拠に
体型こそ人型ですが、単眼・胸にアバラ骨・尖った4本爪・脚にキャタピラ…
と目につく記号だけでも相当敵ロボ感強くて良いデザインですよね
本編では活躍こそアレでしたけど、ドリラーと共に強大なインパクトを残し
ロストエイジにも同名個体(TWO HEAD)が出演

せせせせせせせせ (24)
ふと並べたくなったハンターショックウェーブ
SFタンクに変形したりキャノンと本体がケーブルで繋がってたりとやはり
各所共通点が多いデザインですね

せせせせせせせせ (15)
武器は左腕に装備されるブレード
劇中では未使用でしたがゲーム版Dark of the moonではムービー含め
使用シーンが確認されますね、どうも変形というか伸縮するみたいです

せせせせせせせせ (16)
右腕に装備されたメックテックウェポンのパーティクルウェーブブラスター
このエネルギーチューブが良いですよねw
配色変更で全体がほぼシルバーになりましたが、違和感無いですね

せせせせせせせせ (17)
ボイジャーサイズなのでメックテックはスプリング式ですが固定可能
本体が左右に展開され、黒い部分の追加砲塔が前に倒れます

せせせせせせせせ (18)
DOTM系で欲しかったものがようやく揃いました
来月はいよいよリーダークラスオプティマス!


せせせせせせせせ (25)
そしてこちらですね、1000toys 1/12 東亜重工 合成人間
これに関しては単体で記事にしようかなとも思ったんですが、僕自身が
弐瓶勉氏の作品に関する知識がほぼ皆無で、登場作品や背景について
記せる内容がほぼ無い点や、商品のアピールポイントが「可動が凄い」
の一点に集中してる点を考慮し、こちらで簡単に
2014年に千値練から1/6合成人間という驚異的な可動を備えた商品が
発売され、フィギュアファンやドールオーナーの間で大きな話題になりました
今回発売されたのはその縮小版にあたる1/12合成人間

せせせせせせせせ (26)
縮小版とは言いましたが、それはあくまで「サイズに関しては」という話で
眼球の可動や胴に3節も可動ポイントがあったりと、機能や可動については
1/6版とほぼ同等なので廉価版という意味では全然ないです
ハッキリ言って今流通してるアクションフィギュアの中で人型をフォーマット
にした可動に於いては贔屓目抜きで千値練が頭2つくらい抜けているので
アクションフィギュアを「可動が好き」で買ってらっしゃる方は、これ比較的
買い易い価格なので買ってみてもいいかもしれません


というわけで以上、最近購入したアイテムの一部のご紹介でした
1月2月買うもの無いなんてどの口が言うんだってくらいちょいちょい何か
買っててホント自分でも病気だなと思いますw

せせせせせせせせ (28)
というか近々だと先日届いたプレバンのエーススーツとか

せせせせせせせせ (27)
あとはこれもですね…w
前回の記事で少しだけ触れた海外サイトで購入した大型の非正規TF

この辺は単体で記事にするだけの情報量があるアイテムなので、近々
レビューしようかなと思います
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅーてん

Author:しゅーてん
この線路の先に
続きは
無い

主に玩具収集やレビュー
武装神姫と遊ぶサイト

連絡先:br.factory3dealあっとまーくgmail.com

☆神姫紹介☆


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR