BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITYを流そう

前回書き忘れてましたけど7/15で神姫バトルマスターズ発売から
7年経過(!)。という事は当然花憐と夢も7歳なわけでこのブログは
7年目と半年くらい続いてることになりますね、いやもう怖い
ふとカウンターに目をやるといつの間にか20万回転を超えていて
まぁ最初に設置して以来触ってないんですが途中何回か消えたり
してた気がするので正確かどうかは分かりませんけどねw
改めまして今後とも宜しくお願い致します

あまり同じカテゴリーの記事を連投しないように意識してるんですが
触ってる内に良くも悪くも書き出したいことがどんどん出てきたので
今回は再びトランスフォーマーからこちらをご紹介

のののののののの (6)
マスターピースムービー MPM-3 バンブルビー(2007)







のののののののの (28)
という事で今回は話題のMPMバンブルビー
実写映画1作目「TRANSFORMERS」に登場する主人公サムの
愛車で相棒でボディーガードなラジオで喋る可愛いアイツです
正直今までMPシリーズはビークルモードの完成度の高さに
興味はあるものの購入までは至らなかったんですけど、実写
映画の主要キャラクターという事で陥落しました

のののののののの (20)
内容物は凄くシンプルで、本体とブラスターのパーツ
なんか凄い簡素なパッケージングですけどMPって毎回こう?

のののののののの (21)
ブラスターは開いた状態でこんな感じに底面に取り付け可能
余剰パーツが出ないのは良いですね

のののののののの (18)
ビークルモード
劇中の黒いストライプが入った5代目シボレーカマロ
まぁこの車種は市場に向けた生産開始が2009年からなので
正確にはそのコンセプトカーの細部仕様変更ですけどね
ヘッドライトはフロントベントごとクリアパーツ
1作目の車両なのでフォグランプは丸型2灯
大きさはデラックスクラスと比較すると一回りくらい大きいです

のののののののの (19)
スキャンして2代目カマロからこの姿になる場面は何回見ても
ヘッドライトの演出とかサムの「…What!?」のタイミングとか
停車したバンブルビーを写すカメラの角度とかもう何もかもが
神憑ってる凄いシーンだなと思います
車ってあの角度が一番ドヤってる顔に見えませんか

のののののののの (24)
トランスフォーム!
変形は実写玩具(1~3作目)のバンブルビーと大きくは変わらず
細部をブラッシュアップした感じに纏まってます

のののののののの (25)
背中のガワを畳んで、それを胸の中に仕舞うような構造になってます
仕舞うというか胸部の中身として詰め込む感じと言った方が正しい
ですかね。これを両サイドの脇腹にあるピースで固定

のののののののの (26)
のののののののの (27)
後は後輪を足首の中に収納可能
小さいながら見た目のリアリティがグッと引き上がって良いですね

のののののののの (3)
というわけで変形完了、バンブルビーロボットモード
小柄でもマッシブな劇中のプロポーションを的確に再現してます

のののののののの (2)
可動は首・肩・肘・手首・指・腰・膝・足首と爪先
可動範囲は自体は思ったほど広くはないですが、まぁポーズは
そこそこ付けれるかな?といった感じ

のののののののの (4)
ブラスターは畳んで背中に付けておけます

のののののののの (5)
手首を収納して腕に取り付け
何と言うか差し替えというのも残念ですが、折り畳み式故の
豪快な中央の分割線が凄く気になります
ここもうちょっと何とかならなかったんですかね

のののののののの (16)
ロボットモードの各部の造形はホントに素晴らしいです
奥まった眼や顔の前にある小羽が出すリアルティとか

のののののののの (15)
可動部分によって2色に分けられた指とか

のののののののの (17)
変形モデルとは思えないくらい曲線的にまとめられた脛や
脹脛のラインと確かな「足首」を形成するフレーム

以下適当にアクショーン
のののののののの (8)

のののののののの (7)

のののののののの (9)

のののののののの (10)

のののののののの (11)

のののののののの (12)


で、ここからはちょっと不満というか、あくまで僕が個人的に
期待値が大きすぎたみたいな話が続くので嫌な人は回れ右

割と大絶賛なんですよね、このバンブルビー
人によっては過去最高傑作と賞してるくらいに

いや、それは他人の評価なんで否定しないし僕自身も今回は
実写だからというコレクター的な理由で買った側面があるにせよ
希少な品薄商品をゲットできたとか、単純に高い物を買ったって
満足度を抜きにしても買えてよかったって思えるくらいにはよく
出来てますし、価値があるとは思います
というか寧ろこういう劇中の雰囲気を落とし込んだバンブルビー
ずっと待ってたんで褒めちぎって終わりでいいかなと思ったんですが
そういうのは他の大手サイトや有名レビュアーさんがやるだろうし
何より小さくても不満があるのに目を瞑って良い物だと納得するなんて
思考停止に意味を感じない

簡単に言うと単純に面白さとか斬新さが全然無かったんですよね
過去に発売されたバンブルビーの玩具と大差ないというか
一通り触ってみてあぁやっぱり実写版キャラの立体化はMPでも
難しいんだなぁというのが素直な感想でした
そもそもこの商品のコンセプトが玩具的なラインを狙ってるのか
アクションフィギュア的なラインを狙ってるのかそこが分からない
やろうとしてる事は玩具的な研鑽の精査なんですけど、それが
結局ロボットモードに限ったフィギュア的なスタイルの洗浚に
なってる気がするんですよね

のののののののの (22)
いやそのお陰でプロポーションが格段に良くなったから良いじゃん
って意見を打ち砕くビークルモードのケツ。そして豪快に分割線が
入った半差し替えのブラスター。これ玩具版と何が違うの?
冒頭でも述べた通り僕は今回MPシリーズ買うの初めてですが
変形玩具って変形という手法をどう活かすのかが最も重視されて
然るべきだと思ってるので(簡潔に言うと見た目を崩してでも
可動にバリューを振るのかその逆か或いはギミックを詰めるのか)
どちらも取ろうとしてどちらも逃したものがコンテンツの最高峰と
呼ばれるシリーズであることに流石にちょっとがっかりしました
トランスフォーマーってもっとゴキゲンなおもちゃのイメージが
あったんですよね
今までのバンブルビーを踏襲するのではなく、せっかく高価格帯
でリリース出来るチャンスだったので、変形パターンにせよ可動
にせよ、もっと独善的でよかったし、もっと自由でよかった

お前は何でたかがそんな事に対してこんな長々不満を書いてるんだ
みたいな突っ込みがそろそろ入りそうなんですけど、ホントに最近
多いんですよね、こういう見た目は良いけど着地点が見えないタイプの
玩具。何でこれがイヤかというと結局これが罷り通るとどこのメーカーも
ここに行きつくんですよ。そりゃそうです、購入者の需要の最大公約数は
ここですもの。そこそこの見た目とそこそこの可動にブランドバリュー
何をウリにしたいのかが全く見えてこない
メーカーのプライドも過去製品が築いた技術も長らく魅了されてたファン
にしか通じない味やバカなギミックも全部死んでしまう

のののののののの (23)
玩具のような趣味物ってコレクション性や一面的な完成度も勿論大事です
ですがメーカーが「ここ頑張ったんだよ」とか「この部分凄くね?」みたいな
何を提供したいのかというメッセージや信念みたいな物がユーザーの心を
掴むコミュニケーションだって大切な要素だと思います
そしてそれがあるからファンが生まれ、シリーズ化し、コレクションされていくん
じゃないでしょうか
そういったやりとりが今後も失われなければいいなという駄文でした



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅーてん

Author:しゅーてん
この線路の先に
続きは
無い

主に玩具収集やレビュー
武装神姫と遊ぶサイト

連絡先:br.factory3dealあっとまーくgmail.com

☆神姫紹介☆


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR