FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STRIKE 出撃!

いやートレフェスの準備がヤバい
間に合うか…?間に合わせなきゃな…
はい!という訳でまたも1か月以上間隔が空いてしまいましたが
出来ることからコツコツと!

アーツウルトラマンシリーズ5月までのラインナップが一気に公開
っていうか月刊ウルトラアーツ、スタートが今年の3月のセブン
からなので実質プレバンも含めるとなんと15ヶ月連続リリース
いや商品化のペースがおかしいですねw 
まぁとりあえず片っ端から予約してるんですがレビューが(ry

自称ストライク大好き侍の僕にとってかなりツボを突いた
商品が発売されたので今回はこちらをご紹介

ほほほほほほほほ (13)
NEXEDGESTYLE パーフェクトストライクガンダム








ネクスエッジは小型アイテムなので今までは基本、簡易レビューが
主体でしたが、今回のパーフェクトストライクはシリーズ史上最大の
ボリュームになっているので、いつもより少し詳細にレビューします

ほほほほほほほほ (1)
まずはパッケージから
通常のネクスエッジと比較して3倍はあろうかという大型のサック箱
もうROBOT魂の箱なのかってくらいのサイズですね
価格も昨年のナイチンゲールと同じネクスエッジ最高額です

ほほほほほほほほ (2)
本体
ストライカーパックを装備していないノーマル状態です
いつものネクスエッジ同様センスの良いアレンジが施されてます

ほほほほほほほほ (24)
特に頭部はいつもながら惚れ惚れするようなカッコ良さですね

ほほほほほほほほ (26)
可動はいつものネクスエッジとほぼ同様ですが、首の可動範囲が
かなり広がったような気がします。ここ良いですね
あと個体差かもしれませんが肩の引き出し可動の基部がかなり
緩いので調整しました
ただこれキチンとした硬さの個体を引いても肩アーマーの換装時に
かなり負荷が掛かるので、いずれにせよ調整するに越したことは
ないと思いますけどね

ほほほほほほほほ (25)
ご存じない方の為に簡単にどういったガンダムか説明すると
機動戦士ガンダムSEEDの主人公キラ・ヤマトが中盤まで搭乗する
主役機の一機で、機体型番はGAT-X105
ガンプラ等商品化のパッケージネームはストライクガンダムですが
SEEDの世界での「ガンダム」はストライク初起動時にコンソールに
表示された
General
Unilateral
Neuro-Link
Dispersive
Autonomic
Maneuver (Synthesis System)
の頭文字をキラが「ガン…ダム…?」と呼び、以降彼があだ名的な
使い方でストライクをガンダムと呼称した為に発生したワードである為
設定上の正式名称は「ストライク」
地球連合軍がオーブのモルゲンレーテ社の協力の元開発した5機の
GAT-Xナンバーズと呼ばれる新型MSの1機で、他の4機と同様に
フェイズシフトと呼ばれる相転移装甲を持ち、展開中は実体剣や
実弾での攻撃を無効化できるうえ、稼働当初はザフト軍すら開発を
困難とされた小型携行ビーム兵器の搭載など、物語の序盤である
C.E.71年ではザフト軍主力MSであるジンやシグーを遥かに凌駕する
最新鋭の高性能機という位置付け
とはいえSEEDの世界観では中性子の運動(核分裂反応)を抑制する
Nジャマーが散布されており、核兵器の使用は勿論、開発・保持すら
不可能な為、MSは全てバッテリー稼働で各兵装は基本的に機体から
電源供給を受けているので使用回数に制限はありますけどね

中でもストライクは最後発の機体であり、デュエル、バスター同様に
X100系フレームを持つ機体でありながら、特殊改装フレームである
ブリッツのX200系フレームや可変フレームであるイージスのX300系
フレームの技術をフィードバックしている為、デュエルやバスターと
比較して可動域や剛性が改良されています
最大の特徴は戦況に応じてストライカーパックと呼ばれる3種の兵装
を装備・換装することで近~遠距離まで全ての戦域に対応出来、また
ストライカーパックを予備電源とすることで補給時間を短縮
本来5機1小隊での作戦行動を前提としたGAT-Xナンバーズにおいて
全域で隊を支援できる万能型MSです
キラがフリーダムに搭乗した以降はオーブに於いてナチュラル用に
OSを変更し、ムゥ・ラ・フラガ少佐搭乗機として活躍。リマスター版では
オーブ解放戦で3種のストライカーパックの武装特性を全て統合した
マルチプルアサルトパックを装備した活躍シーンが新たに描き起こされ
パーフェクトストライクという呼称と共に大きな話題となりました
しかしながらヤキン・ドゥーエ攻防戦終盤にて母艦アークエンジェルを
守る為、連合軍艦ドミニオンの陽電子砲、ローエングリンの直撃を受け
大破・爆散しました

ほほほほほほほほ (3)
白一色ながらアーマーシュナイダーが付属
ノーマル状態にも持たせられる武器があるのはいいですね
ネクスエッジはSD体型ながら下半身も結構可動が考えられてるので
ポージングもなかなかしっかり決まります

で、普通ならこの後パーフェクトストライクの解説をして終わりという
流れなんですが…が!

ほほほほほほほほ (4)
はいドーン
今回付属のパーフェクトストライクはエール・ソード・ランチャー3種の
ストライカーパックをきちんと再現しつつ、各パックの武装を合わせて
マルチプルアサルトパックを構成するという完全仕様になっていて
特にエールは各モードへの切り替えにきちんと換装ギミックが設け
られているという結構凄い仕様になっています
というかそもそもソード・ランチャーって単体だと別売りになってたり
マルチプルアサルトパックも今までは組み換え不可能な物ばかり
だったので4種のパックが1商品で再現できるのはこれが初ですね
いや素晴らしいと思います

ほほほほほほほほ (30)
ミリアリア「ストライカーパックはエールを装備します!」
というわけで1番手はAQM/E-X01 エールストライカーパック
装備時の名称はGAT-X105+AQM/E-X01 エールストライク
本放送・リマスター問わず劇中最も多く使用されたパックで、立体化の
際もストライクと言えばほぼこれが付属になるほど定番の基本装備
というかストライクはPS装甲への依存度が高い機体設計という設定
もあってか、ストライカー未装備で出撃したのはほんの数回でしたね

ほほほほほほほほ (6)
エールに限ったことではないですがストライカーパックも細部に丁寧な
アレンジがされており、装備時の本体との違和感は無し
塗り分けもほぼ完璧ですね(ダクトフィンの黄色が無いくらい)
天面のビームサーベルグリップは抜刀時再現の為取り外し可能です

ほほほほほほほほ (31)
57mm高エネルギービームライフル
エールストライクの主武装
このサイズながらフォアグリップが可動し、両手持ちが出来ます

ほほほほほほほほ (32)
対ビームシールド
デュエル・ストライク・アストレイ系共通の大型アンチビームシールド
塗り分けが完璧!ヤバくないですかこれw
まぁ同日にエールストライクとして単品発売されたというのが大きい
とは思いますが、エールはかなり気合入ってますね

ほほほほほほほほ (35)
ミリアリア「ソードストライカー、スタンバイ!」
続いてAQM/E-X02 ソードストライカーパック
装備時はGAT-X105+AQM/E-X02 ソードストライク
名前の通り巨大な対艦刀とビームブーメラン・ワイヤーアンカーを
装備した近接用装備、エールストライカーに比べると使用回数は
格段に少ないですが母さん僕のピアノ

ほほほほほほほほ (8)
メイン武装である15.78m対艦刀、シュベルトゲベール
ストライク本体が17.72mなのでMSの近接装備としては破格のサイズ
各ビームエフェクトはクリアで別パーツ化されてます
刃先の白以外グリップ部等細部の塗装は省略
一応両手持ちできますがポーズはかなり制約があります

ほほほほほほほほ (7)
パンツァーアイゼン
ワイヤーアンカーを備えた小型シールドですが、1パーツ成形なので
射出ギミックは無し、さらに塗装も無し
リマスター版で加筆された射出シーンがかなりカッコいいので必見です
6話でブリッツのグレイブニールとぶつかり合うシーンも必見

ほほほほほほほほ (9)
肩部兵装のビームブーメラン、マイダスメッサーはグリップが取り外せる
ものの、こちら側が凸ジョイントなのでエフェクトの取り付けはできません
シュベルトゲベールの下部エフェクトと組み合わせることで再現できそう
なんですけどちょっと勿体ないですね。兵装部はケーブルのみ黒で塗装

ほほほほほほほほ (36)
ミリアリア「ランチャーストライカー 火器、パワーフロー正常!」
AQM/E-X03ランチャーストライカーパック
機体識別GAT-X105+AQM/E-X03 ランチャーストライク
320mm超高インパルス砲 アグニと右肩にコンボウェポンポッドを備えた
遠距離型重火力装備
個人的に地球に降下してからのバルトフェルド隊との初戦がいまだに
かなり印象深くて好きです(16話の「燃える砂塵」)
砂上での軌道で優位を取るバクゥとの戦闘で瞬時に運動性能を砂漠に
対応させたり、レセップスの主砲をアグニで打ち消したりとこの話の
ランチャーの活躍は褪せないですよね

ほほほほほほほほ (11)
320mm超高インパルス砲「アグニ」
数発連射するとフェイズシフトダウンするレベルで超バッテリー喰う
ストライク最強のゲロビキャノン
メイラムの乗ったバクゥを足で踏みつけた上、胴体部にゼロ距離で
接射してましたけど流石にやりすぎというかバクゥ消し炭どころじゃ
済まないだろって感じですよね
アグニ本体は接続アームに2箇所取り付け出来るので展開・収納
各状態に合わせて取り付けが出来ます

ほほほほほほほほ (22)
コンボウェポンポッド
120mm対艦バルカン砲と2連装350mmガンランチャーからなる
右肩の牽制用兵装。上下バインダー先端の黄色は未塗装

ほほほほほほほほ (20)
ムゥ「ムゥ・ラ・フラガ、ストライク 出る!」
AQM/E-YM-1 マルチプルアサルトストライカーパック
装備状態はGAT-X105+AQM/E-YM-1 パーフェクトストライク
(劇中この名前で呼ばれませんけどね)
元になったのは恐らくBB戦士ストライクのパッケージに掲載された
オリジナルモードである、スーパーストライクガンダムですかね
ソードの左肩+右にシュベルトゲベール、ランチャーの右肩+左に
アグニという構成は放映当時から最終的に3種のストライカーを
全乗せするだろうと視聴者に予想させてはいたものの結局は
搭乗せず仕舞いでした。まぁSEED MSVなんかではI.W.S.P.という
統合兵装ストライカーパック (Integrated Weapons Striker Pack)
があったりはしたので全域対応型のストライカーパックの存在は
存在しなかったという訳ではないんですが、まさか放映終了から
10年経って公式がやるとは誰が予想できただろうって感じですよね

ほほほほほほほほ (29)
前述の通りマルチプルアサルトパックへ換装する際のエールの
差し替えギミックが非常に秀逸
まずはテールスタビライザーを外します

ほほほほほほほほ (28)
そしたらスタビライザーを取り外した凹ジョイントにボールジョイントが
付いた左右兵装接続用のパーツを取付け

ほほほほほほほほ (27)
更にその上からエネルギーパック搭載型のテールスタビライザーを
取り付けます
構造は単純ながら両形態の見た目を崩さない配慮やスタビライザーの
ジョイントの形状とか相当考えられた作りになってます
今更ながらこのギミックはROBOT魂やHG等のパーフェクトストライクにも
是非取り入れて欲しかったですね

ほほほほほほほほ (15)
アグニはアームを使って劇中のエールの下に携えた状態も再現できます

ほほほほほほほほ (18)
ほほほほほほほほ (21)
劇中では使用シーンは無いですが当然この状態でもビームライフルや
ビームサーベルを持たせたり、更にパンツァーアイゼンをシールドと
交換することも可能です

それでは以下適当に

ほほほほほほほほ (5)
キラ「僕がどんな思いで戦ってきたか、誰も気にもしないくせに!」

ほほほほほほほほ (23)
キラ「もう僕たちを、放っておいてくれぇぇぇぇっ!」

ほほほほほほほほ (10)
キラ「接地圧が逃げるんなら合わせりゃいいんだろ!
  逃げる圧力を想定し、砂の流動性は-20に設定…!」

ほほほほほほほほ (17)
ムゥ「おぅおぅカッコ良いねぇ!どうせ俺は新米だけどねぇっ!」

ほほほほほほほほ (33)
キラ「戦いたいわけじゃないけど、僕はみんなを守りたい!」
ヒイロ「戦う意思のない奴が、戦場になど出てくるな!」

ほほほほほほほほ (34)
ムゥ「へへ… やっぱ俺って…不可能を可能に…」

ほほほほほほほほ (16)
以上、NEXEDGESTYLE パーフェクトストライクガンダムでした
ネクスエッジってどうしてもコレクションアイテムって印象が抜け
なかったんですが、今回のPストは誇張無しに滅茶苦茶遊べる
仕様になっているので、ストライクが好きな方はSDとか関係なく
是非手に取って4種のストライカーが1商品で再現できる満足感を
味わってみると良いと思いますね
お勧めです!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

しゅーてん

Author:しゅーてん
この線路の先に
続きは
無い

主に玩具収集やレビュー
武装神姫と遊ぶサイト

連絡先:br.factory3dealあっとまーくgmail.com

☆神姫紹介☆


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。