FC2ブログ

アップライジング

はいどーもー!しゅーてんです!

えー、Youtuberっぽい導入をやってみたかっただけです
でも勢いあって良いですねこれw はいどーもー!
今回またネタバレ注意の記事になります

PRURWR7 (6)
パシフィック・リム:アップライジングの簡単な感想
ROBOT魂 ジプシー・アヴェンジャー
ROBOT魂 オブシディアン・フューリー 他









タイトル通りパシフィック・リム アップライジング観てきました
各所レビューだと賛否両論ある感じですが個人的には普通に
面白かったです
いやまぁ普通に面白いじゃダメだろって意見も分かりますけどねw

今作楽しみにしていた観客層は恐らく1作目のロボットVS怪獣という
王道でシンプルで人によっては見飽きる程見たエンターテイメントを
バカみたいに好きな人がバカみたいに全力でやったって事に対する
共感からくる没入感を期待して行ったんじゃないかなと思うんですが
映画全体を通して観やすく、分かりやすいという映画としての品質の
均一化が図られた事でちょっとその辺が薄かったかなと

デル・トロ監督の作品ってパシフィックリムもシェイプオブウォーターも
とにかくこのシーンが撮りたい!!このシーンを映画にしたい!!
みたいな熱意と勢いが爆発してる、「お前それやりたいだけだろw」的な
観客が気圧される山場のシーンがある印象なんですけど、今作に
限ってはその山が低かったなーという感じですかね
あくまで個人的な意見なんで乱暴に言ってしまえば、デル・トロ監督の
自己満足に共感したくて映画館に行ったので、最高のリビドーで自慰
して欲しいし、○玉が空になるまでエクスタシーして欲しい(真顔

個人的には折角イェガー各機がスタイリッシュになったんで乗っ取られた
ドローン相手に無双しまくるシーンとか、ラストの合体怪獣と富士の峰で
倒れるまで殴り合うとかそういう結果なんてわかってるんだけど
デル・トロ監督「カッコいいだろ?」(ハンマーで頭をぶん殴りながら
観客「カッコいいです!!」(白目
みたいなストーリーなんてどうでもいいんだよ感があればよかったなーと

まぁ冒頭からムチャクチャ言ってますが、いや面白かったんですよ?
面白かったんだけど、もう1種類スパイスがあればこの映画は世界で
一番美味しい料理だった的な?そんな感じ



はいでは簡易レビューいきましょう
ロボ魂は本筋がVer.A.N.I.M.E.一辺倒なんでホント久々買いましたね
前作のパシリム公開時はバンダイは完全に出遅れ(というかノーチェック)で
NECAに全部持っていかれたのがよほど堪えたのか今作はこのROBOT魂に
ソフビ魂、HGシリーズプラモ、更には超合金魂ジプシー・デンジャーと初動が
滅茶苦茶早い上に的確なトライアルで攻めてきましたねw
まぁNECAはNECAで7インチシリーズの初弾のジプシーアベンジャーがいきなり
ネタバレ上等のフルセットになってたりしてますけどねw
PRURWR7 (1)
今作のROBOT魂は全世界向けの販路で発売という事で
ジプシー・アベンジャー   定価 \2300
オブシディアン・フューリー 定価 \3300
と、かなり抑えたお値段

極端な話、型を使って量産する製品はたくさん作るほど単価が
下げられますからね
なので日本国内向けではなく全世界向け商品という事でこの値段で
提供できたっていうのは大きいと思います
とはいえ最近のROBOT魂はどれ買っても5~6000円越えが当たり前
って感じなので、これに慣らされてると目を見張るようなお手頃価格
ではありますよねw

PRURWR7 (3)

PRURWR7 (2)
簡易レビューなので今回は簡単に
本体と付属品はそれぞれこんな感じ
オブシディアン・フューリーはジプシーより一回り大きい感じ
実際に触ってみると塗装や可動は価格の中の最大限という感じです
ただそんな中でもキチンとクリアパーツを使用してあったりマーキングや
ディテールも一定以上の品質に仕上がってる点は流石バンダイ
食玩とかでも散々書きましたが最近のバンダイのこの価格とクオリティの
比率分配の上手さは比肩できる企業なかなか無いと思います
実際僕はこれで充分良く出来てると思わされましたしね

PRURWR7 (4)

PRURWR7 (5)
可動は肘と膝以外は全てボールジョイントという割り切った設計
コストカットの余波が窺えると言えばそれまでですが、各部の可動範囲や
保持力は通常のラインナップに匹敵する安定感
ボールジョイントの軸の長さや受け側の深さが非常に適切で各部この
構造における最大の可動範囲を実現してます
特にオブシディアン・フューリーの首こんな埋まってるというか首無いだろ
みたいなデザインなのによく動きますねw

PRURWR7 (8)
腕部の武器はジプシーは左右どちらも下腕を丸々交換
フューリーは下腕装甲を一旦外し、チェーンソードを取付けてその上から
再度装甲を取付けます

PRURWR7 (16)
言ってしまえば今回この2体だけ買って対決させたり並べることで充分
作品の世界観を堪能できるのなかなかリーズナブルで良いですね
個人的にもこの2体の2回の戦闘が一番惹かれました

以下適当に
PRURWR7 (12)

PRURWR7 (11)

PRURWR7 (10)

PRURWR7 (9)

PRURWR7 (13)

PRURWR7 (14)

PRURWR7 (7)

PRURWR7 (15)

PRURWR7 (17)
以上、パシフィックリム アップライジング見てきたのでその感想とロボ魂
開封&簡易レビューでした
まぁなんかネガティブなことも言いましたが観に行って損とかオススメ
ではないってことは全然なくて、普通に1本の映画として観に行くには充分
楽しめました
もしこれから観に行く方がいらっしゃったら、こんな記事はスッパリ忘れて
ニュートラルな状態で映画館へ足をお運びください


おまけ

PRURWR7 (18)
KAIJU繋がりでcandy meteorさんの宇宙うさ(WR-7)のやみみゅー
宇宙怪獣ちゃんらしいですよ
僕はこれが初の宇宙うさ
ガレージキットなんですけどいやー、素晴らしいですね
レジンの強みと弱点をこれ以上ないくらい良く把握されていて非常に
組み易く、また繊細な造形でそれだけでも十分凄いのに、可動部に
ビニールチューブを使ったり軸の一部に真鍮打ちまでしてあるという
手間の掛けよう(更に紫外線対策された白レジン)

PRURWR7 (20)
アイラインが立体的で筆乗せ易かったです

PRURWR7 (21)
アイペは公式イラストに寄せてスタンダードに赤
ハイライトもう少し薄くてもよかったかなーとか今更

PRURWR7 (22)
オプションボディの腹部の邪眼は皮膚の下の血管のイメージですけど
これ薄めとはいえジェットブラックでシャドーを乗せちゃったんで完全に
外側から寄生してる感じになっちゃってますね…w
色使いって難しい

PRURWR7 (19)
なんか服着せてあげないとナー
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんはです。いつも楽しく拝見させて頂いております。

パシフィックリムの新作、私も見ましたが、おっしゃる通りあと1スパイスは欲しかったですが、やはり普通に面白かった…そんな感じでしたね。十分楽しめましたし、満足です。やや未来とは言えあの日本は大分エキゾチックジャパンでしたけどw

ROBOT魂のイェーガー。お値段以上に動いてブンドドのし甲斐がありそうです(^^♪
ポージングセンスが秀逸で脱帽いたします!

No title

>ごにぎり様
こんにちは、コメントありがとうございます!
こちらこそいつも楽しく御ブログを拝見させて頂いてます

パシフィックリムは1作目がハイレベルだったので続編として期待値が
高かったとは自覚してるんですが、ホントに「惜しい」映画でしたね
自分もあのダイナミック中国漢字ジャパンは笑いましたw
池袋モチーフらしいですけど正直どこここ感凄かったですよね

ROBOT魂のイェーガー各種はホントにこの価格ながら良作だと思います
結構無理矢理動かしてる部分もありますけど、構造がシンプルなので
そういった遊び方にも耐性が強く、手にとって気軽に遊ぶにはすごく
向いてるフィギュアだなーと感じました
非公開コメント

プロフィール

しゅーてん

Author:しゅーてん
この線路の先に
続きは
無い

主に玩具収集やレビュー
武装神姫と遊ぶサイト

連絡先:br.factory3dealあっとまーくgmail.com

☆神姫紹介☆


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR